登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

※画像はイメージです

冬の洗濯を快適にする「浴室乾燥機」を使うメリットとは?

2021-11-24

はじめに

「浴室乾燥機までは必要ないかも?」と設備で悩む人もいらっしゃるかもしれません。

浴室乾燥機があれば、冬場の乾きにくい洗濯物の悩みを解決してくれますよ!

また、洗濯物以外にも気温差によるヒートショックの予防など、さまざまなメリットもあります。

今回は、冬の洗濯を快適にしてくれる「浴室乾燥機」を使うメリットについて詳しく解説していきます。


浴室乾燥機は必要?

新築やリフォームの設備で「浴室乾燥機は必要?」と悩まれる方もいると思います。

浴室乾燥機はカビを防止してくれるだけでなく、衣類の乾燥にも活躍してくれる優れもの。

浴室乾燥機があった方が良い方は、次の通りです。

・洗濯物を室内干しすることが多い
・小さなお子様がいるご家庭
・高齢者がいるご家庭
・サンルームがついたバルコニーがないご家庭

特に梅雨や冬場の時期は部屋干しの頻度も高くなってしまいがちです。

浴室乾燥機があれば、部屋中が洗濯物だらけにならず、干す場所がないと困ることもありません。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭の場合は、おねしょなどで天候問わず洗濯が必要になることも多いでしょう。

また、ドラム式洗濯機の乾燥機では向いていないシャツなどもシワにならず、乾かすことができます。


浴室乾燥機を使うメリット

浴室乾燥機を使うメリットは次の通りです。

・シワになりにくい
・浴室の冷暖房機能がある
・カビが防止できる

洗濯機の乾燥機能では、しっかりと干して乾かすため、シワになりやすいシャツなども縮む心配がありません。

また、浴室乾燥機は乾燥機能だけでなく、冷暖房機能も備えています。

冬場は室内と浴室の温度差により心臓に負担がかかる「ヒートショック」のリスクも高くなります。

これらのリスクを軽減できることもメリットでしょう。


浴室乾燥機のデメリット

一方では、浴室乾燥機には次のようなデメリットがあります。

・光熱費が高い
・浴室内で干すスペースが限られている
・浴室乾燥機の使用中は入浴できない

浴室乾燥機は干しながら乾燥ができることがメリットですが、ドラム式の乾燥機と比較すると光熱費が高いことがデメリットです。

また、浴室内のポール1本のスペースになるので、干せるスペースが限られてしまいます。

そして、浴室乾燥機の使用中は入浴ができないため、就寝中や家族が使用しない時間帯を考えて使う必要があります。


浴室乾燥機があれば冬場も快適に過ごせる

今回は、冬場の洗濯物の悩みを解決してくれる「浴室乾燥機」についてご紹介しました。

新築やリフォームの際には必要かどうか迷われる方も多いかもしれませんが、室内干しをする頻度が多い方にとっては大活躍してくれるでしょう。

また、浴室の冷暖房機能があることにより、室内との寒暖差によって起こるリスクも軽減することができます。

浴室設備に迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。


フッター